台所洗剤ができるまで

キッチンクラブ フレッシュクエン酸配合白ぶどう本体 250ml

豊かな泡立ちで油汚れをしっかり落とす。
クエン酸配合でシンクの水アカ汚れもすっきり落とす。
使うたびみずみずしく香る、白ぶどうの香り。

1.容器(ボトル)をつくる

環境に配慮した植物由来のプラスチック原料と着色料をボトル成型機に投入します。
 
ペット樹脂を溶かし、プリフォーム(試験管のようなもの)を成形します。
その後、胴部をヒーターで加熱し柔らかくします。
加熱されたプリフォームを成形機の金型へセットし、
金型内に空気を入れ膨らまします。

金型からボトルを外し、ボトルは完成します。

自動でボトルに製品フィルムを装着し、熱風でフィルムを固定します。

2.洗剤をつくる

8トン釜を使用し、1回に約31,200本分の洗剤液を作ります。
配合槽のなかに界面活性剤などの原料を投入していきます。

温度調整、成分を確認しながら混ぜ合わせます。
最後に白ぶどうの香りの香料を投入し、洗剤液が完成です。
配合槽下部より混ぜ合わせた洗剤液がパイプを通り、
一旦、中間槽(ストックタンク)に保管されます。

3.洗剤を詰める

ストックタンクの洗剤液が充填機に渡り、
セットされたボトルに流し込みます。
※充填後抜き取り品質検査(液性、化学分析等)を実施しています。

ボトルのキャップを締めます。

ボトルを箱詰めします。
箱詰めしたものをパレットに積んで行きます
完成した製品を自動倉庫に入庫し、お客様へと出荷しています。